瑣事加減

2019年1月27日ダイアリーから移行。過去記事に文字化けがあります(徐々に修正中)。

山岸凉子『舞姫 テレプシコーラ』(5)

・第2部メディアファクトリー)B6判並製本

 これらの写真には『5』の背表紙が示されていないので、他の巻との異同を挙げて置く。地色はカバー表紙と同じグラデーションで、上部の「[第2部]」の「2」が金文字、次の「舞姫」は『4』と同じグラデーションのついた金文字に見えるが、地色に紛れて明瞭でない。「テレプシコーラ」は白抜き、に白抜き「5」、著者名と最下部のMマークは黒。
 カバー裏表紙折返しについては9月9日付(3)に、カバー裏表紙については9月10日付(4)にて既に触れた。
・1(2008年7月26日 初版第1刷発行・定価590円・197頁) ・「2010年12月18日   第4刷発行」定価590円
・2(2009年3月29日 初版第1刷発行・定価590円・199頁) ・「2010年8月4日   第3刷発行」定価590円*1
 ・「2010年12月18日   第4刷発行」定価590円*2
・3(2009年10月26日 初版第1刷発行・定価590円・193頁)・4(2010年7月23日 初版第1刷発行・定価590円・187頁)・5(2010年12月24日 初版第1刷発行・定価590円・207頁) 書名はカバー表紙は「第2部/舞姫テレプシコーラ」の順、カバー背表紙は「[第2部]舞姫テレプシコーラ」。
 1頁(頁付なし)扉には左側に「第2部〈テレプシコーラΤερψιχόρα〉舞姫」とあってギリシャ文字は横転、◆に白抜きで巻数。『1』から『4』まで2頁(頁付なし)はバレエのイラスト、本編以外に附録のある『1』『2』には3頁(頁付なし)に「目次 contents」があるが、本編のみの『3』『4』は横組みで「Τερψιχόρα」とある。『5』は2頁(頁付なし)が「目次 contents」で3頁(頁付なし)から本編が始まっているが、他の巻は4頁(頁付なし)から本編である。ちなみに頁付は殆ど入っていない。4頁を例に取ると、下部に余白がない『1』*3はもちろん、何故か余白のある『2』『3』にも頁付はなく、あるのは『4』『5』*4である。
 奥付の標題は1行で「テレプシコーラ舞姫 第2部」とある。『1』『3』では奥付の前の頁(頁付なし)に、『2』では巻末の見開きイラストの前の頁(頁付なし)に縦組みで入っている初出に「『テレプシコーラ舞姫 第2部』」とあり、『4』『5』は奥付の上部に横組みで「テレプシコーラ舞姫 第2部」とある。(以下続稿)

*1:11月26日追加。

*2:2016年10月14日追加。初版第1刷にカバーは一致、本体もこの第4刷発行の1行が追加されているのみ、

*3:12月24日追記】投稿当初「『1』『4』」としていたが誤認であったので『4』を削除した。

*4:12月24日追記】投稿当初「『5』のみ」としていたが、誤りであったので『4』を補い「のみ」を削除した。