瑣事加減

2019年1月27日ダイアリーから移行。過去記事に文字化けがあります(徐々に修正中)。

「新潮社の辞典!」の広告(4)

⑦『野菊の墓』九十五刷*1(平成三年五月三十日)定価233円
・『野菊の墓』百刷(平成七年六月五日)定価311円
匡郭12.2×6.0cm、上部に楷書体横組み「新潮社の辞典 」。6点で標題は極太ゴシック体、下部にゴシック体で3行(1行18字)の紹介文。仕切の縦線は長さ10.9cm。右から「新潮日本人名辞典」紹介文は「わが国の歴史に名を刻んだ一万八千人を/収録した最大規模の一冊本人名辞典。来/日外国人や架空伝承人物も収載。   」。「〈増補/改訂〉新潮世界文学辞典」紹介文は「八十余カ国四五三八の人名項目、五十カ/国の文学史・ジャンルなど全四七一一項/目。新編集の"便利な世界文学百科"。 」。「〈増補/改訂〉新潮日本文学辞典」紹介文は「古事記万葉集から現代の新進作家まで、/作品のダイジェストも交えて、解説した/二六二七項目を一冊に集約。     」。「新潮世界美術辞典」紹介文は「日本・東洋・西洋――先史から現代まで、/世界中の美術の全領域を網羅した一冊本/美術辞典。総項目数一万七千。    」。「新潮現代国語辞典」紹介文は「新たに定着した外来語や、明治から現代/までの七万七千語。適切な使い方を実際/の文例で示し、難読語の索引を付す。 」。「〈新装/改訂〉新潮国語辞典〈現代語/古 語〉」紹介文は「判型・活字を大きくした新装改訂版。現/代語・古語十三万八千語を一冊に収録。/豊富な用例。確かな出典。      」。
 今後、別の広告を見れば別に報告し、同じ広告が他の本のカバーにあれば、これまで挙げた記事に追記する。定価が異なる程度の異同も同断。
・『李陵・山月記』四十一刷(昭和六十三年五月二十日)定価311円*2
・『老妓抄』四十九刷(平成四年九月二十五日)定価311円*3
・『マノン・レスコー』六十三刷(平成四年十月十五日)定価350円*4
・『海からの贈物』五十一刷(平成五年十一月十五日)定価350円*5
・『カルメン』二十七刷(平成六年二月五日)定価427円*6
・『江戸川乱歩傑作選』五十九刷(平成六年三月五日)定価388円*7
・『日本語の年輪』四十八刷(平成六年九月二十日)定価350円*8
・『二十四の瞳』七十四刷(平成七年五月三十日)定価350円*9
・『海からの贈り物』五十五刷(平成七年八月五日)定価388円*10

  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

 毎日アップしているここを日記にすれば、1日も欠かさぬ日記になる。けれども、私はもう自分の見聞にさほど重きを置いていない。誇れるような生活もしていないし。思い出せないこたぁ、忘れてしまえば良いのだ。気が向いたらちったぁ書くが、毎日書いて公開する必要はない。それから写真と呟きだが、前者は日記と同じ理由で撮らない。とにかく、どこにいて、何を見たか、を公開するのは、私のようなこそこそ動いている人間には相応しくない。

*1:4月27日追記】これまでとしていたが4月27日付(5)に述べたような理由でに改めた。【2015年4月23日追記】これまでとしていたが2015年4月23日付(7)に述べたような理由でに改めた。【2015年6月4日追記2015年6月4日付(8)に述べた理由によりに改めた。

*2:2018年11月18日追加。

*3:2017年5月13日追加。

*4:2017年8月3日追加。

*5:2018年4月27日追加。

*6:2017年8月6日追加。

*7:2016年11月16日追加。

*8:2014年4月7日追加。

*9:2014年3月5日追加。

*10:2017年8月15日追加。