瑣事加減

2019年1月27日ダイアリーから移行。過去記事に文字化けがあります(徐々に修正中)。

昭和史

田口道子『東京青山1940』(2)

・細目(1) 昨日の続きで、細目を確認して置こう。 目次は1頁14行、目次の文字は各節に Times New Roman の算用数字で頁を示す他は全てゴシック体。各章とプロローグ・エピローグの文字は大きく、プロローグを除いて前1行分を空ける。各章には1字下げで節…

田口道子『東京青山1940』(1)

『東京青山1940 陽が落ちても朝はくる』二〇〇二年五月二十五日 第一刷 発行・定価1,600円・岳陽舎・285頁・A5判並製本東京青山1940―陽が落ちても朝はくる作者:田口 道子出版社/メーカー: 岳陽舎発売日: 2002/05メディア: 単行本 カバー表紙、左上に95頁…

森川直司『裏町の唄』(20)

・「投稿 風便り」(13) 昨日取り上げた op.67 の続き。 op.68 海の記憶1 安乗の稚児 森川秀安さん(小諸市)H26/04/10 伊良子清白「安乗の稚児」を引用して解説。 op.69 海の記憶2 龍飛崎 森川秀安さん(小諸市)H26/06/27 書き出しは以下の通り。 東京…

森川直司『裏町の唄』(19)

・「投稿 風便り」(12) 当初、本書と『昭和下町人情風景』を比較し、20歳くらいまでの森川氏の経歴と確認した上で、赤マント流言を初めとする幾つかの項を取り上げて検討するつもりだったのだが、これらの本と相補う内容のネット投稿を見付けてしまったこ…

森川直司『裏町の唄』(18)

・「投稿 風便り」(11) 昨日の続き。 op.52 潮干狩り 森川秀安さん(小諸市) H22/7/5 末尾に「註 平成17年4月某紙に寄稿したものを補筆」とある。冒頭、 有名日刊紙三月上旬のコラムに「信じがたい気もするが、東京の湾奥でアサリ、ハマグリがじゃんじ…

森川直司『裏町の唄』(16)

・「投稿 風便り」(09)転居歴・渥美清追悼 昨日の続き。op.27 からは1年以上を経過している。 op.28 小諸なる古城のほとり 森川秀安さん(東京都) H20/1/21 平成20年(2008)5月末に長野県小諸市に妻と共に転居することになった顚末について。 前置きとし…

森川直司『裏町の唄』(15)

・「投稿 風便り」(08)鰻 ここまで細かく確認して行くつもりではなかったのだが、後日参照する機会があるかも知れないから(ないかも知れないけれども)一通りメモして置くこととする。 op.19 うなぎ その1 森川秀安さん(東京都) H18/2/27 長崎市の野…

森川直司『裏町の唄』(14)

・「投稿 風便り」(7)三丁目の夕日③ 昨日の続き。 op.18 三丁目の夕日DVDを観ました 森川秀安さん(東京都) H18/2/9 HP管理人でもある活禅寺管長徹空無厳(中城無厳)は、「op.17 映画 「三丁目の夕日」 を観て 森川秀安さん(東京都) H18/1/20」…

森川直司『裏町の唄』(13)

中学に入学して初めて受けた眼科検診で結膜炎と診断され、駅前の病院が雑居していたアパートの2階にあった校医の眼科に毎日通っていた。今で云えば医療モールと云うことになるのだろうが、昭和20年代に建てたらしい古アパートの、木の階段を上ってすぐのドア…

森川直司『裏町の唄』(12)

・「投稿 風便り」(5)三丁目の夕日① 昨日の続き。 op.17 映画 「三丁目の夕日」 を観て 森川秀安さん(東京都) H18/1/20 「無厳さん推奨の」とあるから、例の「Nostalgia」に言及があるのかと思ったが、現在公開されている「Nostalgia」にはこの映画に…

森川直司『裏町の唄』(11)

・「投稿 風便り」(4)家族の年齢 昨日の続き。 op.14 寿命 森川秀安さん(東京都) H17/2/21 本項は家族の年齢に触れているのが貴重である。 全くこだわらない人もいるが、私は読解の際、是非とも考慮すべき条件だと思っている。 まづ「私の身近にも88…

森川直司『裏町の唄』(08)

・「投稿 風便り」(1) さて、2019年12月31日付(06)に、森川氏の執筆活動が数年前まで確認出来ると書いたのは「参禅専門道場 大本山活禅寺」HPへの投稿に拠ってである。 2019年12月25日付(02)に引いた『昭和下町人情風景』奥付の略歴に「活禅寺徹禅無…

在阪ラジオ局の思ひ出(3)

・スポットCM(1) 関西にいると、いや、兵庫県だったからかも知れぬが、阪神ファシズムと云うべき状況に直面させられる。 私の部活にも熱狂的阪神ファンがいて、当時は私の経験していない(せずに済んだ)昭和60年(1985)の日本一からまだ1年半にしかなら…

英語の思ひ出(1)

昨日の続きとして書き始めたのだが、在阪ラジオ局とは全く関係のない文章となったので改題した。 * * * * * * * * * * 1度めの兵庫県への転居の折――小学3年生の私は、静岡弁をさんざん馬鹿にされた。変な言葉を話す奴だと云うのである。しかし、私…

森川直司『裏町の唄』(5)

本書の成立について、本書「まえがき」には次のように説明されている。2頁9行め~3頁5行め、 ・・・・、小学校時代の友人や深川に住んでいたことのある知人たちとの昔語りの中から/も、戦前の深川が意外に早く消え去りつつあるのを強く感じさせられたので、昨年…

森川直司『裏町の唄』(4)

本書の成立を説明するには、どうしても『昭和下町人情風景』に触れないといけない。 そこで今回はその準備として『昭和下町人情風景』の細目を見て置くこととしよう。 ・森川直司『昭和下町人情風景』の細目 3頁(頁付なし)は中扉で上部中央に楷書体太字縦…

森川直司『裏町の唄』(3)

12月25日付(2)の続きで、まづ本書の細目を見て置こう。 5頁(頁付なし)は「目次」の扉、6~10頁(頁付なし)に細目、6頁1行め「まえがき」のみゴシック体で頁を示さない。1行分空けて「入 学 13」の如く頁を示す。2字の題は1字分空白を挟んで、3字分にし…

森川直司『裏町の唄』(2)

【12月26日追記】投稿当初「赤いマント(222)」と題していたが、「赤いマント」の記述の検討に入る前に、本の内容を一通り見て置くことにしたので、記事の題を著者名と書名に改めた。 * * * * * * * * * * 昨日の続きで、本書と、その抄録を一部…

森川直司『裏町の唄』(1)

【12月26日追記】投稿当初「赤いマント(221)」と題していたが、「赤いマント」の記述の検討に入る前に、本の内容を一通り見て置くことにしたので、記事の題を著者名と書名に改めた。 * * * * * * * * * *・森川直司『裏町の唄』昭和53年4月15日…

切符の立売り(1)

当初、昨日の続きで上方落語「三年酒」の原話について書くつもりだったけれども、勤務先の近所の図書館に取り寄せを依頼していた本が、土曜の帰りに立ち寄ったときにはまだ準備出来ていなかった。明日の帰りに借りて帰るつもりだけれども、直ちに記事に出来…

芥川龍之介旧居跡(16)

・群像 日本の作家 11『芥川龍之介』(3) 一昨日からの続きで、槌田満文「文学紀行/芥川の東京・湘南を歩く」から、2節め「田端の旧居跡」の後半、191頁上段2行め~下段5行め、 龍之介が「我鬼窟」のちに「澄江堂」と名づけた書/斎は、多くの新進作家を集…

赤いマント(218)

・朝里樹『日本現代怪異事典』(6) 昨日の続き。 単なる変質者(?)出没の噂に過ぎない松ヶ枝小学校の事例を、長くもない事典項目に書き込んだことに、私は朝里氏の主張を感じます。こんな事例を取り上げるくらいなら、加太こうじが『紙芝居昭和史』にか…

赤いマント(217)

・朝里樹『日本現代怪異事典』(5) さて、昨日まで検討したように、若干私のフォローしていない説も提示されていましたが、それはともかくも、朝里氏は赤マント流言の実態には全く迫れていません。ですから私は特に本書を取り上げる意味を感じず、取り上げ…

赤いマント(216)

・朝里樹『日本現代怪異事典』(4) 早速、朝倉喬司「「学校の怪談」はなぜ血の色を好むのか?」=「「学校の怪談」はなぜ血の色が好きなのか?」=「トイレの花子さんはなぜ死んだ?」の載っている雑誌か本を借りて来て、朝倉氏の説を再検討したいところなの…

赤いマント(213)

・朝里樹『日本現代怪異事典』(1) それでは、11月24日付(212)に取り上げた朝里樹 監修『大迫力! 日本の都市伝説大百科』の下敷きになったと思しき、朝里樹『日本現代怪異事典』26頁上段5行め~27頁中段17行め「赤マント(あかまんと)」項を検討して見…

赤いマント(212)

・朝里樹 監修『大迫力! 日本の都市伝説大百科』(2) 西東社の「大迫力!」シリーズは、初めA4判の「写真と絵でわかる」シリーズが出て、次いでA5判のイラスト「大百科」シリーズが現在も続刊中で、「日本の都市伝説」は最新刊である。大判ビジュアル図解 …

赤いマント(211)

・朝里樹 監修『大迫力! 日本の都市伝説大百科』2019年9月5日 発行・定価1300円・西東社・223頁・A5判並製本大迫力! 日本の都市伝説大百科作者: 朝里樹出版社/メーカー: 西東社発売日: 2019/08/10メディア: 単行本この商品を含むブログを見る オールカ…

芥川龍之介旧居跡(3)

・吉野朔実『お父さんは時代小説が大好き』(3) 昨日の続き。 芥川龍之介旧居跡の「 “ぜんぜん知らない人” 宅」に当たる部分(東京都北区田端1丁目20-9)が現在「北区管理地」になっていることについて、何かするつもりなのかと検索して見るに、北区HPに「…

芥川龍之介旧居跡(1)

・吉野朔実『お父さんは時代小説が大好き』(1) 芥川龍之介が田端に住んでいたことは、もちろん知っていたけれども、私は都内はそれなりに歩いたけれども余り名所巡りみたいな按配では歩かなかったので、田端の切通しも何度も歩いたけれども、芥川旧居跡を…

「木曾の旅人」と「蓮華温泉の怪話」拾遺(144)

・青木純二の経歴(11)横浜での活躍③ 昨日の続きで横浜市立図書館デジタルアーカイブ「都市横浜の記憶」にて閲覧出来る『横浜文化名鑑』について。 155~163頁「文化団体とその動向」は本文には見出しなく目次に拠る。3段組で横浜の文化団体を列挙して行く…