瑣事加減

2019年1月27日ダイアリーから移行。過去記事に文字化けがあります(徐々に修正中)。

昭和史

米光秀雄・滝沢博・浅井徳正『多摩』(5)

・郷土叢書2『続多摩』(4) 重刷の奥付裏は横線(8.5cm)3本で上下2段(各 6.0cm)に仕切る。上下の横線は太く真ん中は細い。3本めの横線の下、右寄せで「武蔵書房郷土叢書 」とあるのは初刷に同じ。上段はまづ「郷土叢書3/ 多 摩 を 掘 る」とあって次…

米光秀雄・滝沢博・浅井徳正『多摩』(4)

本書は2月に初めて見て、4月以来、取り敢えず私が借り出せる図書館の蔵書を全て並べて見て、取り上げようと準備をしていたのだが、しかし何のかのとしているうちに期限が来て返却してしまい、返却した後であそこはどうなっていたか、等と気になって来るよう…

米光秀雄・滝沢博・浅井徳正『多摩』(2)

・郷土叢書2『続多摩』武蔵書房・264頁・B6判上製本*1 ・昭和45年9月15日 初刷・定価 700円 ・昭和45年9月15日 初刷・昭和47年2月15日 重刷・定価 700円 郷土叢書1『多摩』の内容を見ても良かったのだが、『多摩』四刷のカバー裏表紙折返しに見えていた…

米光秀雄・滝沢博・浅井徳正『多摩』(1)

・郷土叢書1『多摩』武蔵書房・300頁・B6判上製本*1 ・昭和44年10月1日 初刷/昭和45年3月1日 三刷・定価 700円 ・昭和44年10月1日 初刷/昭和46年2月1日 四刷・定価 700円 ・昭和44年10月1日 初刷/昭和47年8月1日 五刷・定価 700円 カバーの掛か…

道了堂(90)

私は主に図書館で情報蒐集している。古書店から購入することもあるが、図書館にないから仕方なく買うので、そもそもが当ブログの行き方からしても、同じことをずっと続けるような根気はないのである。気が向いたらしばらく続けて、行き詰まったり他の課題に…

道了堂(77)

・「北野台ニュース」第72号 既に取り上げた馬場喜信『八王子片倉台の地誌』は、5月15日付(53)に引いた「あとがき」にあったように、自治会報「片倉台自治会だより」に連載されたものだった。 そうすると、他にも周辺の新興住宅地の自治会報に、道了堂を…

道了堂(75)

昨日は何の縁も所縁もないのに戸板女子短期大学の八王子校舎が更地になっていることに引っ掛かってしまった。 ・かたくら書店新書20『絹の道』(8) それでは昨日に続いて、道了堂の回想をもう1つ見て置こう。昨日見た尾崎正道(1946生)は道了堂が無住にな…

道了堂(74)

・かたくら書店新書20『絹の道』(7) それでは、本書刊行に近い時期に関する記述・写真の検討を済ませたので、ここからは回想について検討して置こう。 細目は既に見ているので、執筆者と題、頁・行のみを示して置く。 尾崎正道「はじめに」の冒頭、2頁1~…

道了堂(72)

・かたくら書店新書20『絹の道』(6) 昨日の続きで、本書に掲載されている道了堂の写真について確認して置こう。 1つは12頁上欄に「道了堂(一九八六年)」とのキャプションを右(下詰め)に添えた写真で、南南東を向いた堂宇を南南西から写している。堂宇…

道了堂(70)

・かたくら書店新書20『絹の道』(4) 佐藤広「絹の道とは何か/――道了堂を歩いて――」の詳しい内容は、かたくら書店新書45『浜街道』の「第2部 歩いてみよう「絹の道」」の「3 大塚山公園――道了堂のあと」と(4月27日付(46)に予告したように)新旧対照…

道了堂(69)

・かたくら書店新書20『絹の道』(3) 昨日、本書は刊行の切っ掛けとなった企画及び舞台である場所について、きちんとした説明を欠いている、と指摘したのだけれども、実は、それを意図した章は存在している。 「一、絹の道とは何か」の章、扉(5頁)には「…

道了堂(66)

昨日の続き。 ・羽根田正明『多摩の古道と伝説』(2) それでは83~90頁「第四章 鑓水峠道(埼玉道)」を細かく見て置こう。 まづ83頁2~7行めに前置きがある。 鑓水峠道すなわち道了堂越えの道は、別に埼玉道と呼ばれる道であって、晩年は八王子道、そし/…

道了堂(65)

5月29日付(64)の続きを上げるべきなのだけれども、仕事の締切などもあって余裕がなかったので差当り以前書きさしていた草稿や、すぐにでも纏まりそうな本についての記事を挙げて置いた。続きについてはもう少し詰めて置きたいこともあり、もうしばらく後回…

守屋龍男『多摩の低山』(2)

・守屋龍男『多摩の低山 埋もれた道・懐かしい道38コース』一九八八年三月三一日 第一刷発行・一九九一年九月一七日 第六刷発行・定価1000円・けやき出版・238頁・B6判並製本*1 標題は奥付に拠る。カバーはなくコーティングしてあるもののエンボスで滑らない…

道了堂(61)

・道了堂解体は昭和61年(1986) 廃墟になっていた昭和40年代・50年代の道了堂を取り上げた文献は、少なくない。メインで取り上げたのは辺見じゅん『呪われたシルク・ロード』くらいだけれども、ハイキングや歴史探訪散歩で立ち寄って軽く触れただけの記述な…

浅間山の昭和22年噴火(27)

昭和22年(1947)8月14日の浅間山の噴火については、その後、火山館の主人の証言を記録した本を見たりしたのだが、そのままになっていた。 先日、花粉症の薬を止めてみたら症状が出て、また服薬を再開している。で、どうも昨日の続きを遂行する自信がないの…

道了堂(31)

・法政大学地域研究センター叢書5『歴史的環境の形成と地域づくり』(6) 昨日の続きで、馬場喜信の論文、第一部「第七章 浜街道《絹の道》―歴史的景観の発掘と史跡化―」の「第二節 《絹の道》―その歴史的景観の発掘と史跡化」210~213頁7行め「(2) 《…

謬説の指摘(5)

これは昨日投稿するつもりだったのだけれども、書き上げる前に解除し忘れていた別稿の予約投稿が実行されてしまったので少し間が抜けているが1日遅れで上げて置く。従って文中の「昨日」は一昨日、「今日」は昨日のことである。 * * * * * * * * * …

道了堂(22)

・新八王子市史民俗調査報告書 第2集『八王子市東部地域 由木の民俗』(3) 口絵写真の「多摩ニュータウン以前の由木 ―堀口進写真ファイルから―」は11の集落で76点だから、1頁め、7点の写真を収録する鑓水と同じような構成で、当時広く見渡せていた谷戸の…

道了堂(21)

・新八王子市史民俗調査報告書 第2集『八王子市東部地域 由木の民俗』(2) 章立ては前回引いた「凡例」の3項めにある通り10章で、119~168頁「第四章 住まいと環境」の、156頁下段~164頁上段5行め「六 暮らしの水利用」の、161頁上段5~16行め「(四)掘…

道了堂(20)

・新八王子市史民俗調査報告書 第2集『八王子市東部地域 由木の民俗』平成25年3月31日発行・八王子市市史編集専門部会民俗部会 編集・八王子市総合政策部市史編さん室・前付+357+(12)頁・A4判 表紙の上部(7.9cm)を桃色地にして横組みでシリーズ名、そ…

道了堂(19)

・道了堂の写真 道了堂の写真と云うのはネット上には殆どない。道了堂跡の写真ばかりである。廃墟になる前の道了堂の写真も、見たことがない。 撮影者本人がネットに上げているのは、八王子市上柚木2丁目の住宅街で、自宅入口脇に平屋のデザイン事務所を構え…

道了堂(17)

・特撮ロケ地としての道了堂(1) 私は特撮ヒーロー物を余り熱心に見なかったので、そもそも『仮面ライダー』がどのような設定であるのかもよく分らない。見ないではなかったが、訳も分からずに見ていて、多少訳が分かるようになった頃には仏像に夢中になっ…

道了堂(16)

昨日確認した『多摩の百年』掲載の写真を見ていて、状態が似ていると思ったのが、次の本に載る写真である。 ・八王子の今昔刊行会 企画・編集『市民の写真集 続 八王子の今昔 ――いま見つめたい昭和の八王子――』2012年9月20日 印刷・2012年10月1日 発行・定…

道了堂(15)

・朝日新聞東京本社社会部『多摩の百年』下(2) 昨日の続き。道了堂についての記述があるのは、2章め「横浜往還」の最後の8節め(53頁下段6行め~56頁上段)「名残とどめる道了堂」である。しかし、この節のメインではない。この章の副題「――夢の跡」を象…

朝日新聞東京本社社会部『多摩の百年』(3)

・企画の意図と時期及びスタッフ(下) 昨日の続きで『下』について見て置こう。 まづ『下』の章と副題を示して置く。 1章め「機織りの歌/――老女たちの青春」3~38頁上段 2章め「横浜往還/――夢の跡」39~56頁上段 3章め「大資本と小資本/――勝者と敗者と」…

血取り(1)

昭和3年(1928)に東京府南多摩郡の山里に赤マント流言に類似した流言が行われていたことが、次の本に見えている。 ・かたくら書店新書15『ふる里民俗誌』1985年6月10日 発行・定価¥700・153頁 奥付の上に〔著者略歴〕がある。やや大きく「鈴木 樹造」と…

坪野鉱泉(1)

行ったこともないし、特に興味もないのだが、これからこの話題で、ある実験を試みることになるので、それを断って置くために記事にして置いた。 さて、私はと云えば、心霊スポット巡りには全く興味がなく、繰り返し書いているように、見えると称する人たちが…

西澤裕子『風の盆』(3)

・銀河テレビ小説「風の盆」(1)放送時間と台本 とにかく「NHKアーカイブス」の風の盆」のページについては今後、情報が追加・訂正されるのを待つことしか出来ないが、放送期間中の「NHKクロニクル」を検索することで、ある程度の情報を得ることが出来る。…

西澤裕子『風の盆』(2)

・時期と場所 まづ、作中の時間と場所を確認しつつ、章立てを見て置こう。なお、最後の場面は9月3日の深夜、昭和56年(1981)3月放映の銀河テレビ小説の原作だから、昭和55年(1980)と云うことになろう。最初はその前年の風の盆の稽古が始まった頃で、昭和5…