瑣事加減

2019年1月27日ダイアリーから移行。過去記事に文字化けがあります(徐々に修正中)。

創作

時雨の思い出(1)

正志が克之と知り合ったのは、高校の入学式のときだった。 正志が入学した高校は、明治創立の旧制中学以来の伝統を誇る、学区トップの進学校である。 猛勉強するのは当たり前で、その上さらに、勉強を愉しむ余裕くらいないと合格出来ない。いや、ガリ勉で入…

山岳部小史(2)

今だったら、連絡手段はSNSを活用するところであろう。T高校山岳部OB会も数年前から Facebook を開設して連絡を取り合っている。興三もたまに見ているが、興三を知らない世代のOBにまで公開されるというので書き込みはしていない。知っている面々とメー…

山岳部小史(1)

昭和63年の秋、県立K農業高校の国語科教諭、輿水興三は見知らぬ差出人からの分厚い封書を受け取った。 差出人に見覚えはないが、その住所であるT市には所縁がある。というのも20代の後半、興三はT市に新設された県立高校にやはり国語科の教諭として勤め、…

同盟通信社調査部 編『國際宣傳戦』(09)

昨日の続き。 1頁中扉、上部中央に縦組み明朝体太字で標題。なお、記事の題ではナカネくんの2019年4月2日22:04の tweet に示されている表紙(及び背表紙)の標題通り「國際宣傳戦」としていますが、活字では全て「國際宣傳戰」となっております。 3頁「一、…

初夏の遅延

限界を感じていた。 どうも、最近話が通じない。私の頭が鈍くなってきたのか、生徒が馬鹿になったのか。 身体が重くて、家を出るのが遅くなってしまった。出る直前になって、ペットの水を換えていなかったことや、炊飯器のセットをしていなかったこと、髭を…