瑣事加減

2019年1月27日ダイアリーから移行。過去記事に文字化けがあります(徐々に修正中)。

怪異小説

白馬岳の雪女(067)

9月11日付(044)の続き。 ・遠田勝『〈転生〉する物語』(28)「二」1節め① 47頁7行め、3行取り2字下げでやや大きく「二 ハーンと「民話」の世界」とある。ここから68頁までが「二」章である。 しかし、実は「二」章なのか不安があって、――「一」章の最後の…

白馬岳の雪女(61)

一昨日からの続き。 ・橘正典『雪女の悲しみ』(3) 昨日は、目録・データベース類の誤りと、本書執筆の背景を見ただけで終わってしまった。 さて、表題作となっている「雪女の悲しみ/ ――ラフカディオ・ハーン『怪談』考――」だけれども、昨日示した『富山…

白馬岳の雪女(60)

昨日の続き。 ・橘正典『雪女の悲しみ』(2) 奥付は横組みで、上部に[著者略歴]がある。「昭和4年 兵庫県加古川市に生まれる。/昭和29年 京都大学文学部卒業。/現 在 京都薬科大学教授/著 作 ‥‥」著作は5点、川端康成とフォークナーについての単著、…

白馬岳の雪女(59)

・橘正典『雪女の悲しみ―ラフカディオ・ハーン『怪談』考―』平成5年10月15日 印刷・平成5年10月20日 発行・定価2,427円・国書刊行会・206頁・四六判上製本雪女の悲しみ―ラフカディオ・ハーン「怪談」考作者:橘 正典国書刊行会Amazon 8月22日付(26)に、遠…

白馬岳の雪女(47)

・辺見じゅん「十六人谷」(10)『闇の祝祭』③ それでは①単行本と②現代短歌文庫とを対象させつつ、連作「十六人谷」について確認して置こう。と云っても私の関心は伝説及びそこから創作した辺見版「十六人谷」との関連にあるので、全ての短歌を取り上げるつ…

白馬岳の雪女(33)

昨日の続き。 ・遠田勝『〈転生〉する物語』(13)「一」8節め③ 8節め「「雪女」と偽アイヌ伝説」が紹介する、青木純二『アイヌの伝説と其情話』に載るハーンの「雪女」翻案のもう1例は、15頁12行め~19頁1行め【5】「赤き乳の出る岩」である。36頁1行め~37…

白馬岳の雪女(32)

昨日の続き。 ・遠田勝『〈転生〉する物語』(12)「一」8節め② 前回は前置きだけになってしまったが、8節め「「雪女」と偽アイヌ伝説」に紹介されている、青木純二『アイヌの伝説と其情話』の「雪の夜の白い女」について見て置こう。34頁13行め~35頁14行め、…

白馬岳の雪女(28)

昨日の続き。 ・遠田勝『〈転生〉する物語』(08)「一」5節め 続けて28頁11行め~30頁12行め、5節め「「箕吉」か「巳之吉」か」にて、遠田氏は青木純二が依拠した本文を特定してしまう。この辺りは勿体ぶっていないので読んでいて甚だ気持ちが良い。 28頁12…

白馬岳の雪女(27)

・遠田勝『〈転生〉する物語』(07)「一」4節め② 「一 白馬岳の雪女伝説」の4節め「『山の伝説』」について、昨日の続き。 26頁1~9行め、 なお、この青木純二の一九三〇年というのは、白馬岳の雪女伝説として最古のものであるだけで/はなく、白馬岳という…

白馬岳の雪女(17)

・遠田勝『〈転生〉する物語』(01)はじめに① それでは、差当り「十六人谷」についての確認が終わったところで、今度こそ7月31日付(04)の続きで、8月1日付(05)に保留にした遠田勝『〈転生〉する物語――小泉八雲「怪談」の世界』の内容を検討して行こう。…

白馬岳の雪女(15)

・辺見じゅん「十六人谷」(7) 白馬岳の雪女に関連する話題として、しばらく白馬岳の雪女そっちのけで「十六人谷」を取り上げて来た。 ここで一応の纏めをして置くと、辺見じゅん「十六人谷」は、白馬岳――黒薙川の柳又谷の源流部――の「雪女」を抱き合わせ…

白馬岳の雪女(13)

・大島廣志の「雪女」(1) 8月4日付(08)に、日本の伝説24『富山の伝説』の前半、大島広志・石崎直義「富山伝説散歩」の2章め「黒部」を担当したのは大島氏だったらしいと見当を付けたのだが、4節め「黒部峡谷の怪異譚」の最後(44頁上段6行め~下段12行…

白馬岳の雪女(10)

・辺見じゅん「十六人谷」(3)まんが日本昔ばなし① 昨日の続き。 遠田勝の「科学研究費助成事業 研究成果報告書」に見える「まんが日本昔ばなし」で「十六人谷」が取り上げられたのは、「まんが日本昔ばなし〜データベース〜 ­⁃ 十六人谷」に拠ると昭和58…

白馬岳の雪女(09)

・辺見じゅん「十六人谷」(2) 昨日の続き。 辺見じゅん(清水眞弓。1939.7.26~2011.9.21)の「十六人谷」が従来の十六人谷伝説と大きく異なっているのは、生還者(弥助)に「けっして人に言うてはならん」との禁忌が課されることである。そしてそれが、…

白馬岳の雪女(03)

さて、国文学者の星野五彦が昭和57年(1982)と云う早い時期に、白馬岳の雪女を取り上げていた、と昨日書いたけれども、これには若干註釈が必要である。 星野氏の「綺堂と八雲――伝説と創作を通して――」の趣旨については、2013年7月2日付「「木曾の旅人」と「…

白馬岳の雪女(02)

この問題に関しては、遠田氏もしくは牧野氏の論文を辿りながら確認して行くのが良さそうだけれども、その前に幾つか、手許にある資料を片付けて置こう。 さて、昨日「「雪女」にそっくりな話が、白馬岳にも伝わっている(?)ことは、昭和50年代から問題にな…

白馬岳の雪女(01)

しばらく遠ざかっているうちに色々と忘れてしまった。――女子高の講師をしていたときには生徒の顔と名前を大体すぐに覚えてしまったのに、その後、花粉症を発症して、そのせいか鼻中隔彎曲症の影響も顕在化してからは、人の顔と名前が覚えられなくなった。そ…

芥川龍之介「尾生の信」(7)

人と待合せて、すっぽかしたこともすっぽかされたこともあるが、それも昔の話で、最近は別にコロナでなくても、とんと人と待合せることなんてなかったのだけれども、もっと昔になると私も尾生ぐらいに義理堅かった。と云って、思い出すのは幼稚園に入る前(…

中学時代のノート(19)

・昭和56年頃に聞いた怪談ノート(16)後篇⑥ 怪談(その十)おまえや! 1行空けて22頁8行め~24頁19行め、 ある田舎に池があった。夏は水をたたえているのだけど、/冬になると、水が涸れて、底無し沼の泥沼のようになってい/た。 この田舎に秘密で結婚している…

赤いマント(261)

・中村希明『怪談の心理学』(13) 中村氏は、鳥越信が松谷みよ子に語り、松谷氏が『現代民話考』に「学校の怪談」を取り上げる原点になった、旧制姫路高等学校の寮に伝えられていた怪談「あかずの便所」から、「赤マントの怪談」へと筋を引こうとしているの…

「木曾の旅人」と「蓮華温泉の怪話」拾遺(165)

・日本民話の会 学校の怪談編集委員会『学校の怪談大事典』 昨日までで、ともに吉沢和夫の手に成る、本書の「峠の一軒家」と、怪談レストラン❸『殺人レストラン』の「とうげの一けん家」との本文の比較を終えた。 最後に、例話の前後に丸ゴシック体で添えて…

「木曾の旅人」と「蓮華温泉の怪話」拾遺(164)

・怪談レストラン❸『殺人レストラン』(7) 日本民話の会 学校の怪談編集委員会『学校の怪談大事典』の「峠の一軒家」と、本書の「とうげの一けん家」の比較の続き。要領は8月20日付(160)に同じ。【E】結末・孫の説明『学校の怪談大事典』36頁下段13~18…

「木曾の旅人」と「蓮華温泉の怪話」拾遺(163)

・怪談レストラン❸『殺人レストラン』(6) 日本民話の会 学校の怪談編集委員会『学校の怪談大事典』の「峠の一軒家」と、本書の「とうげの一けん家」の比較の続き。要領は8月20日付(160)に同じ。【D】巡査の来訪『学校の怪談大事典』36頁下段7~12行め …

「木曾の旅人」と「蓮華温泉の怪話」拾遺(162)

・怪談レストラン❸『殺人レストラン』(5) 日本民話の会 学校の怪談編集委員会『学校の怪談大事典』の「峠の一軒家」と、本書の「とうげの一けん家」の比較の続き。要領は一昨日に同じ。【C】孫の号泣~来訪者の退去『学校の怪談大事典』36頁下段2~6行め…

「木曾の旅人」と「蓮華温泉の怪話」拾遺(161)

・怪談レストラン❸『殺人レストラン』(4) 日本民話の会 学校の怪談編集委員会『学校の怪談大事典』の「峠の一軒家」と、本書の「とうげの一けん家」の比較の続き。要領は昨日に同じ。【B】深夜の来訪者~犬の異変『学校の怪談大事典』35頁下段13行め~36…

「木曾の旅人」と「蓮華温泉の怪話」拾遺(160)

・怪談レストラン❸『殺人レストラン』(3) 「とうげの一けん家」は、日本民話の会 学校の怪談編集委員会『学校の怪談大事典』にも立項されている。2014年1月13日付「赤いマント(083)」に見た、11~44頁「1.こわい話」の11項め、35頁下段8行め「とうげの…

「木曾の旅人」と「蓮華温泉の怪話」拾遺(159)

・怪談レストラン❸『殺人レストラン』(2) 私は『怪談レストラン』シリーズについて、余り知識がない。 当ブログでは、本巻と並んで怪談レストラン㊷『紫ババアレストラン』について、だらだらと長期にわたって、記事にする準備をしている、みたいなことを…

「木曾の旅人」と「蓮華温泉の怪話」拾遺(158)

・怪談レストラン❸『殺人レストラン』(1) 本書に、「蓮華温泉の怪話」系統の話が収録されていることは、以前から気付いていて、はてなダイアリー時代に「(仮)殺人レストラン」と題する下書きを2011年10月24日に作成して、2018年7月23日まで加筆していた…

赤いマント(257)

・井上雅彦「宵の外套」(12) 赤マントに関連しそうなところはここまでであるが、序でに以後の展開を眺めて置こう。 友人に大切な何かを汚されてしまったように感じた「私」は「深草」に赴き、自転車を引いた黒い外套の「老人」に逢う。 続いて、四条大橋の…

赤いマント(256)

・井上雅彦「宵の外套」(11) 昨日の続きで①初出『京都宵』②再録『四角い魔術師』③再々録『夜会』の異同を確認しつつ内容を見て置こう。要領は8月8日付(250)に同じ。 昨日引いた、地の文になっている友人の説明の最後までと「私」の感想。【G】カイナデ…