瑣事加減

2019年1月27日ダイアリーから移行。過去記事に文字化けがあります(徐々に修正中)。

地理

日本の民話1『信濃の民話』(12)

・信濃叢書『信濃昔話集』(2) 本書に「採集 牧内武司」として見えている話の典拠と思しき牧内武司の著書だが、昨日述べたように10月20日付(08)に見た伊那民俗研究會 編『伊那民俗叢書 第二輯 昔ばなし』と共通する話が少なくないようだ。――もちろん『昔…

日本の民話1『信濃の民話』(11)

昨日の続きで、今回は5つの地域全てについて話を提供したことになっている牧内武司について、確認して置こう。 牧内氏には次の著書があった。書名からして全県下を覆っているはずである。 ・信濃叢書『信濃昔話集』昭和十四年九月一日印行・昭和十四年九月五…

日本の民話1『信濃の民話』(09)

昨日の続きで最後、5章めを①上製本(初版)第一刷にて見て行くこととする。要領は10月17日付(05)に同じ。 259頁(頁付なし)中央上部に大きく「木 曾 路」。260頁(頁付なし)は左下に「西筑摩郡」。2012年11月30日付「泉鏡花『高野聖』の文庫本(4)」の…

日本の民話1『信濃の民話』(08)

昨日の続きで、①上製本(初版)第一刷の、4章めを見て行くこととする。要領は10月17日付(05)に同じ。 207頁(頁付なし)中央上部に大きく「諏訪湖・伊那谷」。208頁(頁付なし)は左下に「諏 訪 郡 諏 訪 市 岡 谷 市 上伊那郡/下伊那郡 駒ヶ根市 飯 田 …

日本の民話1『信濃の民話』(07)

一昨日からの続きで、①上製本(初版)第一刷の、3章めを見て行くこととする。要領は10月17日付(05)に同じ。 139頁(頁付なし)中央上部に大きく「安曇野・筑摩の里*1」。140頁(頁付なし)は左下に「北安曇郡 南安曇郡 大 町 市/東筑摩郡 松 本 市」。 【…

日本の民話1『信濃の民話』(06)

昨日の続きで、①上製本(初版)第一刷の、2章めを見て行くこととする。要領は昨日に同じ。 91頁(頁付なし)中央上部に大きく「塩田平・佐久平」。92頁(頁付なし)は左下に「小 県 郡 北佐久郡 南佐久郡/小 諸 市 上 田 市*1」。 【16】鯨の夫婦〔南佐久郡…

日本の民話1『信濃の民話』(05)

昨日の続きで、2019年12月20日付(1)に挙げた諸本のうち①上製本(初版)第一刷にて、細目を見て行くこととする。 番号は打たれていないが、整理の便宜のため仮に【 】に番号を附した。まづ3行取り3字下げでやや大きく題、その下に小さく〔 〕に地域を入れ…

日本の民話1『信濃の民話』(4)

昨日の続きで、2019年12月20日付(1)に挙げた諸本のうち①上製本(初版)第一刷にて、内容を見て置こう。排列であるが「はしがき」の昨日引用した箇所に続いて、2頁16~18行め、 次に地域のわけ方については、長野県は、もともと、人文地理的にも自然地理的…

能美金之助『江戸ッ子百話』(10)

さて、5月23日付「杉村恒『明治を伝えた手』(5)」に見たように、杉村恒『明治を伝えた手』の解説「職人の世界」に、江戸ッ子東魂会に触れたところがある。 170頁12行め~172頁10行め、 江戸っ子東魂会 能美金之助氏は荒川区東尾久に住んでいる。十五年前…

白馬岳の雪女(66)

・『日本昔話通観●第11巻/富山・石川・福井』(2) 昨日抜いた稲田浩二『日本昔話通観●第28巻/昔話タイプ・インデックス』の「234 雪女房」に「11―○139」とあった。そこで本書の「目次」を見るvii頁中段6行めに「139 雪女 275」とある。275頁下段~277頁…

成瀬巳喜男監督『女の中にいる他人』(2)

昨日の続きで、NHKで9月20日の昼に地上波で初放送された松本清張ドラマ「黒い画集~証言~」について。NHKプラスの見逃し配信は今日の14:34で終わってしまったけれども。 ・堀川弘通監督映画『黒い画集 あるサラリーマンの証言』昭和35年(1960)3月13日公開…

白馬岳の雪女(58)

今時の人には分かりづらいかも知れないが、100年前であれば身分は絶対に近かった。――グリム童話に出て来る忠義な下僕が、幾ら頼りになってもお姫様とは恋仲にならないように。そしてお姫様に恋される異類は、実は王子様なのである。 尤も、アイヌ社会の身分…

白馬岳の雪女(55)

・丸山隆司「【研究ノート】民話・伝説のポストコロニアリスム」(4) 一昨日の続き。 丸山氏は最後に、青木純二の「異文化理解、他者理解の貧困さ」の実例として「悲しき蘆笛」の粗筋を紹介、特に末尾は原文をそのまま抜いている。『アイヌの傳説と其情話…

白馬岳の雪女(53)

昨日は第百書房版『アイヌの傳説』の発行日に関する疑問から、前々から気になっていた札幌市図書館OPAC の「青木純一」の豆本『アイヌの伝説』、更には図書館のデータがどうも奇妙な実例として昭和3年(1928)の北海道帝國大學附属圖書館『北海道史料展覽目…

上田満男『わたしの北海道』(3)

本書については、7月17日付(1)に上田賢「序にかえて」にて初出と内容について確認し、第一部「アイヌのゆくえ」の細目を見て置いた。次いで7月18日付(2)に連載時期と北海道立図書館に切抜きが5冊に整理されて所蔵されていること、未刊分の記事を紹介し…

白馬岳の雪女(35)

・遠田勝『〈転生〉する物語』(15)「一」9節め② 昨日の続きで9節め「地名の魔力」の後半を見て行こう。39頁8行め~40頁6行め、 物語は地名をもとめ、地名は物語に魔力を与える。結局、白馬岳の雪女伝説の流布において、青/木の果たした最大の功績――これを…

白馬岳の雪女(33)

昨日の続き。 ・遠田勝『〈転生〉する物語』(13)「一」8節め③ 8節め「「雪女」と偽アイヌ伝説」が紹介する、青木純二『アイヌの伝説と其情話』に載るハーンの「雪女」翻案のもう1例は、15頁12行め~19頁1行め【5】「赤き乳の出る岩」である。36頁1行め~37…

白馬岳の雪女(22)

・黒部市吉田科学館「黒部奥山の昔ばなし」 信州(長野県)では北安曇郡白馬村が「「雪女」の里」を称しているのであるが、越中(富山県)の方でも8月9日付(13)に引いた『富山の伝説』にあるように「黒部で有名な話」と云う扱いなのである。 ・「広報くろ…

白馬岳の雪女(19)

牧野陽子は、ハーン研究家の間に、遠田勝が云うような「雪女」の出典問題をめぐる論争など存在しない、とした。確かにその通りなのだけれども、実は長野県では論争なしに「雪女」は地元の伝承と信じ込まれているらしいのである。 幾つか例を挙げて置こう。 …

白馬岳の雪女(14)

・辺見じゅん「十六人谷」(6)自筆草稿 今日から遠田勝及び牧野陽子の著書に取り掛かるつもりだったが、辺見じゅん「十六人谷」に関して若干、メモ程度の追加をして置きたい。 ・「高志の国文学館 年報」平成25年度(平成26年11月25日発行・高志の国文学館…

白馬岳の雪女(13)

・大島廣志の「雪女」(1) 8月4日付(08)に、日本の伝説24『富山の伝説』の前半、大島広志・石崎直義「富山伝説散歩」の2章め「黒部」を担当したのは大島氏だったらしいと見当を付けたのだが、4節め「黒部峡谷の怪異譚」の最後(44頁上段6行め~下段12行…

白馬岳の雪女(12)

・辺見じゅん「十六人谷」(5)こわでん① 辺見じゅん「十六人谷」とこれを原作とする「まんが日本昔ばなし」の「十六人谷」について一通りの確認を終えたところで、本題である白馬岳の雪女に話を戻そうと思ったのだが、最近、やはり辺見版を元とするTV番組…

白馬岳の雪女(10)

・辺見じゅん「十六人谷」(3)まんが日本昔ばなし① 昨日の続き。 遠田勝の「科学研究費助成事業 研究成果報告書」に見える「まんが日本昔ばなし」で「十六人谷」が取り上げられたのは、「まんが日本昔ばなし〜データベース〜 ­⁃ 十六人谷」に拠ると昭和58…

白馬岳の雪女(08)

・辺見じゅん「十六人谷」(1) ここで「十六人谷伝説」に関する民俗学者・国文学者の見解を紹介しても良いのだが、そうするとさらに回り道が長くなる。それに本題の「雪女」にも大いに関わって来る問題なので、余りこちらを先回りして進めてしまうと具合が…

白馬岳の雪女(07)

・野崎雅明『肯搆泉達録』(2) 昨日の続き。 国立国会図書館デジタルコレクションの明治25年(1892)刊富山日報社版活字本の前付(頁付なし)3~5頁は岡田英之「肯搆泉達録序」で「文化乙亥春二月」付、「緒言」の内容及び文化12年(1815)成立はこれを根…

白馬岳の雪女(06)

「十六人谷伝説」の件は、全て後回しにしても良いのだけれども、そうするといつのことになるか分からぬので、昨日見た「科学研究費助成事業 研究成果報告書」に、若干の註釈を加えて置こう。 ・野崎雅明『肯搆泉達録』(1) まづ野崎雅明(1757~1816)の『…

山田野理夫『アルプスの民話』(6)

・山田野理夫『山と湖の民話』昭和四八年三月一五日 第一版発行・定価六八〇円・星光社・269頁・B6判上製本 星光社から刊行された山田氏の『民話シリーズ』全五巻の2巻め。潮文社から刊行した『アルプスの民話』『海と湖の民話』の2冊が成功したことにより、…

山田野理夫『アルプスの民話』(4)

昨日の続き。 「目 次」7頁3行め「雪 お ん な」を「六四」とするが66頁からである。 11頁(頁付なし)長野県の略地図があって、郡の境界線と河川、山と主要都市を示す。しかし中央アルプスの山が全く記入されていない。 以下、各話に仮に番号を附し、末尾に…

山田野理夫『アルプスの民話』(3)

それでは、内容について①上製本に拠りつつ見て置こう。 ・「はしがき」 1~4頁「は し が き」の1段落め、1頁2~9行め わたしが山へ惹かれたのは蔵王山からです。暮しのため仙台を去り、東京に棲むように/なってからは日本アルプスの山々です。山里で民話の…

白馬岳の雪女(01)

しばらく遠ざかっているうちに色々と忘れてしまった。――女子高の講師をしていたときには生徒の顔と名前を大体すぐに覚えてしまったのに、その後、花粉症を発症して、そのせいか鼻中隔彎曲症の影響も顕在化してからは、人の顔と名前が覚えられなくなった。そ…