瑣事加減

2019年1月27日ダイアリーから移行。過去記事に文字化けがあります(徐々に修正中)。

改版

中学時代のノート(19)

・昭和56年頃に聞いた怪談ノート(16)後篇⑥ 怪談(その十)おまえや! 1行空けて22頁8行め~24頁19行め、 ある田舎に池があった。夏は水をたたえているのだけど、/冬になると、水が涸れて、底無し沼の泥沼のようになってい/た。 この田舎に秘密で結婚している…

中学時代のノート(18)

・昭和56年頃に聞いた怪談ノート(15)後篇⑤ 怪談(その九)木の下 1行空けて20頁13行め~22頁6行め、 ある学校の修学旅行で、肝だめしをすることになった。そのコ/ースとは、 「かいだんをずっとのぼっていくと、小屋がたってんねん。そこま/で行って帰ってく…

中学時代のノート(16)

・昭和56年頃に聞いた怪談ノート(13)後篇③ 怪談(その八)磔の男 19頁6~17行め。 河■■■■という子も、こわい話の本をもっていて、こんな/話をした。 「ある男が何かして、はりつけにされて、やりで殺された。」 と、みんなが、 「どこがこわいんやァ」 というと…

中学時代のノート(10)

・昭和56年頃に聞いた怪談ノート(7)前篇⑥ 怪談(その五・上)寄宿舎の足音 1行空けて7頁13行め~16頁10行め、非常に長文なのでまづ翻字のみを掲げる。 今から六十年ぐらい前(又は昭和の初めごろ)どこかの、名/前は言わんけど田舎の学校に寄宿舎があってん…

「木曾の旅人」と「蓮華温泉の怪話」拾遺(164)

・怪談レストラン❸『殺人レストラン』(7) 日本民話の会 学校の怪談編集委員会『学校の怪談大事典』の「峠の一軒家」と、本書の「とうげの一けん家」の比較の続き。要領は8月20日付(160)に同じ。【E】結末・孫の説明『学校の怪談大事典』36頁下段13~18…

「木曾の旅人」と「蓮華温泉の怪話」拾遺(163)

・怪談レストラン❸『殺人レストラン』(6) 日本民話の会 学校の怪談編集委員会『学校の怪談大事典』の「峠の一軒家」と、本書の「とうげの一けん家」の比較の続き。要領は8月20日付(160)に同じ。【D】巡査の来訪『学校の怪談大事典』36頁下段7~12行め …

「木曾の旅人」と「蓮華温泉の怪話」拾遺(162)

・怪談レストラン❸『殺人レストラン』(5) 日本民話の会 学校の怪談編集委員会『学校の怪談大事典』の「峠の一軒家」と、本書の「とうげの一けん家」の比較の続き。要領は一昨日に同じ。【C】孫の号泣~来訪者の退去『学校の怪談大事典』36頁下段2~6行め…

「木曾の旅人」と「蓮華温泉の怪話」拾遺(161)

・怪談レストラン❸『殺人レストラン』(4) 日本民話の会 学校の怪談編集委員会『学校の怪談大事典』の「峠の一軒家」と、本書の「とうげの一けん家」の比較の続き。要領は昨日に同じ。【B】深夜の来訪者~犬の異変『学校の怪談大事典』35頁下段13行め~36…

「木曾の旅人」と「蓮華温泉の怪話」拾遺(160)

・怪談レストラン❸『殺人レストラン』(3) 「とうげの一けん家」は、日本民話の会 学校の怪談編集委員会『学校の怪談大事典』にも立項されている。2014年1月13日付「赤いマント(083)」に見た、11~44頁「1.こわい話」の11項め、35頁下段8行め「とうげの…

「木曾の旅人」と「蓮華温泉の怪話」拾遺(159)

・怪談レストラン❸『殺人レストラン』(2) 私は『怪談レストラン』シリーズについて、余り知識がない。 当ブログでは、本巻と並んで怪談レストラン㊷『紫ババアレストラン』について、だらだらと長期にわたって、記事にする準備をしている、みたいなことを…

「木曾の旅人」と「蓮華温泉の怪話」拾遺(158)

・怪談レストラン❸『殺人レストラン』(1) 本書に、「蓮華温泉の怪話」系統の話が収録されていることは、以前から気付いていて、はてなダイアリー時代に「(仮)殺人レストラン」と題する下書きを2011年10月24日に作成して、2018年7月23日まで加筆していた…

赤いマント(254)

・井上雅彦「宵の外套」(9) 昨日の続きで①初出『京都宵』②再録『四角い魔術師』③再々録『夜会』の異同を確認しつつ内容を見て置こう。要領は8月8日付(250)に同じ。 昨日引いた会話の続き。【E】赤マントとの関連(一)(①474頁3行め~475頁2行め②247頁…

赤いマント(253)

・井上雅彦「宵の外套」(8) 一昨日の続きで①初出『京都宵』②再録『四角い魔術師』③再々録『夜会』の異同を確認しつつ内容を見て置こう。要領は8月8日付(250)に同じ。 「黒い外套の男」の候補として、「私」は2人の人物(?)を上げている。1人は冥界と…

赤いマント(251)

・井上雅彦「宵の外套」(7) 昨日の続きで①初出『京都宵』②再録『四角い魔術師』③再々録『夜会』の異同を確認しつつ内容を見て置こう。要領は昨日に同じ。 語り手の「私」は、6月28日付(246)に引いた「自作解題」の類に「母から聞いた想い出話」等と述べ…

赤いマント(250)

・井上雅彦「宵の外套」(6) 8月1日付(249)までで①初出『京都宵』②再録『四角い魔術師』③再々録『夜会』の本文比較を終えたところで、小説の内容について見て置くこととしよう。 まづ6月28日付(246)に引いた、これら3冊に添えられた作者・井上雅彦(19…

青木純二『山の傳説』(08)

・「戸臺部落」と「人骨をかぢる狐の話」(3) 昨日の続き。要領は一昨日に示した。 【C】人骨をかじる狐~事件 村人の体験談の後段。 ①『山の傳説』278頁5~10行め 暫く行くと、ガリ、ガリと異樣な音をきいた、思はず立すくむと、雪の中に一匹のきつねが…

青木純二『山の傳説』(07)

・「戸臺部落」と「人骨をかぢる狐の話」(2) 昨日の続き。要領は昨日に同じ。 【B】冬の野天の火葬場~事件前段 ①『山の傳説』278頁7行め~279頁4行め ある年の冬、村人が用事をすまして歸路についたのは夜も深んで居た、雪はぴつたりとやんで/居た、空…

青木純二『山の傳説』(06)

・「戸臺部落」と「人骨をかぢる狐の話」(1) 前回、8月4日付「「木曾の旅人」と「蓮華温泉の怪話」拾遺(156)」の冒頭に触れた丸山政也は、2019年9月22日付(125)に見たように、その著書『長野の怖い話』の「参考文献・出典・初出・引用」に、2019年9月…

「木曾の旅人」と「蓮華温泉の怪話」拾遺(156)

・志村有弘 編訳『山峡奇談』(3) 志村氏が杉村顕道『信州百物語(信濃怪奇伝説集)』から採録している2話は、2019年9月22日付(125)に取り上げた、丸山政也・一銀海生『長野の怖い話 亡霊たちは善光寺に現る』にも採用されている。すなわち、「蓮華温泉…

「木曾の旅人」と「蓮華温泉の怪話」拾遺(155)

・志村有弘 編訳『山峡奇談』(2) 本書が典拠を「杉村顕道『信濃怪奇伝説集』」とするのは、昨日引用した「あとがき」に「二作品」とあったように、「◆近代」の5話め、197頁5行め~199頁3行め「人骨をかじる狐の話」と、9話め、214頁8行め~22…

赤いマント(249)

・井上雅彦「宵の外套」(5)本文③ 昨日の続きで、初出①『京都宵』と再録②『四角い魔術師』そして再々録③『夜会』の本文の異同、行空けの位置について、最後まで見て置こう。今回の異同は行を跨ぐものがあるので、②の改行位置を「/」③の改行位置を「|」で…

赤いマント(248)

・井上雅彦「宵の外套」(4)本文② 昨日の続きで、初出①『京都宵』と再録②『四角い魔術師』そして再々録③『夜会』の本文の異同、1行空けの位置について。 ・①465頁13行め「聳」=②243頁上5行め→③130頁上10行め、ルビ「そび」添加。 ・①465頁14行め「剪定…

赤いマント(247)

・井上雅彦「宵の外套」(3)本文① 6月28日付(246)の続きで、初出『京都宵』と再録『四角い魔術師』再々録『夜会』の本文を比較して置こう。仮に番号を附して見易くした。 ①『京都宵』459~486頁 2月20日付(221)にも触れたように461頁から本文。461頁は…

いまに語りつぐ『日本民話集』伝説・現代民話(16)

・「現代民話」の出典⑨~内輪の資料(3) 昨日の続き。今回は順に列挙して置く。 ⑮『噓のようなホントの話』編集:高津美保子(細目:7月19日付(07)) ・二〇〇二年に矢部敦子が話し、高津美保子が記録 ⑮七 ・一九八〇年ごろに林義明が話し、高津美保子が…

いまに語りつぐ『日本民話集』伝説・現代民話(15)

・「現代民話」の出典⑧~内輪の資料(2) 昨日の続きで、今回は⑫と⑬について見て置く。数が多いので年代・報告者50音順・追記の有無で並び替えた。 ⑫『乗物とメディアの怪』編集:渡辺節子(細目:7月14日付(04)) ・一九九三年高津美保子が記録 ⑫八十五 …

いまに語りつぐ『日本民話集』伝説・現代民話(14)

一昨日の続き。 ・「現代民話」の出典⑦~内輪の資料(1) 本シリーズにも、2月4日付「『夢で田中にふりむくな』(7)」に見た⑫渡辺節子と⑪岩倉千春の共著『夢で田中にふりむくな』と同様に、「不思議な世界を考える会会報」にも載せていない、内輪の資料が…

岩館真理子『うちのママが言うことには』(5)

3月19日に作成した草稿のうち、整っている前半を上げて置く。後半は改稿の上、追って投稿することとしよう。 * * * * * * * * * * 2012年7月23日付(1)に述べたように、家に単行本(ヤングユーコミックス)の①②があるのだが、これも処分すること…

いまに語りつぐ『日本民話集』伝説・現代民話(13)

鼻中隔彎曲症の手術を、近いうちに受けたいと思っていろいろ調べて(と云うか家人が調べて)見たのだけれども、なかなかハードルが高い。時期が余程悪くなければ1週間くらい、いつだって休んだって構わないのだが、目下、政府・与党が旗を振り、そして少なか…

いまに語りつぐ『日本民話集』伝説・現代民話(12)

不思議な世界を考える会や民話と文学の会の会報など、実際に見ることが出来ないものについて、見られないなりに整理すると云う空しい作業をしていると、疲労感が一際募る。もうそろそろ「ヤングの知っているこわい話」を分担していた人たちも60代、70代にな…

いまに語りつぐ『日本民話集』伝説・現代民話(11)

4連休だが在宅の仕事もあるし、もともと出掛ける予定もない。 緊急事態宣言下、自宅に籠もっていたときに、息切れが酷くて運動も儘ならなかったことを思い出した。あの頃は、実は既に蔓延していると云う説もあって、ひょっとして感染しているかも知れないが…