瑣事加減

2019年1月27日ダイアリーから移行。過去記事に文字化けがあります(徐々に修正中)。

「木曾の旅人」と「蓮華温泉の怪話」拾遺(095)

・白銀冴太郎は杉村顕道に非ず(1)
 当ブログではこれまで、岡本綺堂「木曾の旅人」を源とするとおぼしき怪異談についてブログ開始直後の2011年1月3日付(002)に、阿刀田高「恐怖の研究」に於ける再話や、2011年1月23日付(008)にて松谷みよ子『現代民話考』に時代を現代にずらした話が載っていること、さらに2013年6月30日付(019)に見たように加門七海が見付けたとされていた、昭和9年(1934)刊、杉村顕(後に出家して顕道)『信州百物語 信濃怪奇伝説集』所収「蓮華温泉の怪話」について2013年7月1日付(020)、既に昭和57年(1982)に国文学者の星野五彦がその著書『近代文学とその源流』に取り上げていたこと等を指摘して来た。
 そこで丁度5年間休んで、昨年再開したのは一昨年刊行された東雅夫 編『山怪実話大全』に紹介された、昭和3年(1928)夏の「サンデー毎日」の懸賞に新潟県高田市(現・上越市)から「白銀冴太郎」の筆名で応募、入選した作品「深夜の客」に注目してのことである。東氏も指摘する通り「蓮華温泉の怪話」は、この「深夜の客」の書き替えとしか思えないのだが、杉村氏が何故そんなことをしたのか、について、東氏は第一刷の「編者解説」では、以下のように述べていた。一部、丁度1年前の2018年8月8日付(27)及び、8月11日付(30)の引用に重なるが、今度は省略せずに抜いて置こう。二三四頁3~13行め、

・・・・。全体の構成や描写の共通性に照らして、顕道が「深/夜の客」にもとづいて再話したことは明らかだろう。もっともこれは再話文学の常道であ/り、かの小泉八雲も「文藝倶楽部」の「諸国奇談」に載った読者投稿作品をもとにして「十/六桜」や「幽霊滝の伝説」などを執筆している。田中貢太郎が『遠野物語』所載の話を再話/している例もある。「深夜の客」は誌面に大きく「事実怪談」と謳われており、内容も『信/州百物語』の編纂企図に相応しいものであるから、顕道がこれを蓮華温泉に伝わる巷説の類/と捉えて蒐集対象としても無理からぬところと思われる。ここで問題となるのは、果たして/「深夜の客」が「木曾の旅人」の書き替えなのか、それとも両者に共通する何らかの原話が/あるのか、という謎だ。発表のタイミングから見て、「深夜の客」の作者が綺堂作品を目に/した可能性は高いように思われるが、綺堂もまた巷間に伝わる怪談奇聞をしばしば創作の素/材としており、後者である可能性もいちがいに否定はできない。


 以後の経緯も2018年8月8日付(27)に略述したが、今度はなるべく詳しく述べて置くこととしよう。――東氏は「編者解説」にはこのように書いていたのだが、刊行直後の2017年11月13日23:53 の tweet に、

ちなみに、何の根拠もないため解説には書かなかったのだが、白銀冴太郎「深夜の客」と杉村顕道「蓮華温泉の怪話」の謎めいた関係については、もうひとつの可能性が存在する(かも知れない)。それは白銀冴太郎が、杉村顕道の別名義である可能性だ。(雅)

と述べていた。ところが翌朝、2017年11月14日9:42の tweet に、

つい先ほど、杉村顕道の娘さんである杉村翠さんからお電話をいただいた。昨夜、『山怪実話大全』をお読みになって、「深夜の客」の作者・白銀冴太郎とはどういう人か、気になったのだという。てっきり昨夜の小生のツイートをご覧になってのお電話かと思ったら、偶然とのこと。驚愕である。(つづく)


 そして分割された続き、2017年11月14日9:47 の tweet に、

(承前)翠さんも、白銀冴太郎という名前に心当たりはないそうだが、「深夜の客」の文体に、御尊父のそれと共通するものをお感じになったという。しかも顕道は「サンデー毎日」にも投稿したことがあったのだそうな! これは白銀冴太郎=杉村顕道という説が、にわかに信憑性を帯びてきましたぞ。(雅)

と、献本を受けて読むまで予断を持っていなかった杉村氏の次女の、素直な直感に基づく証言を得て、第三刷刊行直前の2018年1月24日22:58の tweet に、灰月弥彦の tweet(非公開になってしまったため引用不能)に対する返信として、

そうそう、『山怪実話大全』の3刷で解説に加筆したのが、まさにこの「木曾の旅人」系怪談群の件。白銀冴太郎が杉村顕道の筆名である可能性が極めて高くなったという追記を入れました。いずれ4刷が実現した暁には『日本現代怪異事典』の「おんぶ幽霊」の件も加えないと!(笑)(雅)

と、第三刷に「追記を入れ」た旨を記している。さらに灰月氏からの返信 tweet(非公開になってしまったため引用不能)に応えて、2018年1月25日0:51の tweet に、

『山怪実話大全』をご覧になった顕道のお嬢さんから、有力な情報を頂戴しまして。残念ながら確証は未だ得られていないのですけれど……。(雅)

と付け加えている。(以下続稿)