瑣事加減

2019年1月27日ダイアリーから移行。過去記事に文字化けがあります(徐々に修正中)。

岡野玲子『ファンシイ ダンス』(1)

 平成元年(1989)12月23日公開の周防正行監督映画「ファンシイ ダンス」については、2017年4月17日付「周防正行『シコふんじゃった。』(5)」に触れました。当時、貼付出来なかった関連商品を上げて置きましょう。
・パンフレット

映画パンフ「ファンシイダンス」

映画パンフ「ファンシイダンス」

  • メディア: おもちゃ&ホビー
・プチフラワーコミックス小学館・B6判並製本
 さて、Wikipedia「ファンシィダンス」項の「映画」の節には、「なお、原作は「ファンシダンス」であるが、映画版のタイトルは「ファンシダンス」と「イ」の字の大きさが異なる。」との一文がありますが*1、カバー表紙・カバー背表紙・奥付、それから奇数頁上欄外小口寄りに■にゴシック体の算用数字白抜きで巻数を添えて入っている標題はいづれも「ファンシイ ダンス」で「」ではありません。各巻本篇末、最下部にゴシック体横組みで入っている題(尾題)も「「ファンシイ ダンス」第1集――完――*2です。文庫版(未見)の書影を見るに「ィ」と小さくなっていますから、この間に作者が変更したのでしょう。すなわち、映画の題が「ファンシイ ダンス」となっているのは当時続刊されていた単行本と同じで、別に周防氏始め映画関係者が勝手に変えたのではありません。
PFC-561『ファンシイ ダンス①』雑誌 45975―61・1985年11月20日初版第1刷発行(196頁)
・1991年2月20日  第12刷発行 定価485円
PFC-562『ファンシイ ダンス②』雑誌 45975―62・1986年7月20日初版第1刷発行(210頁)
・1989年10月20日  第8刷発行 定価485円
PFC-563『ファンシイ ダンス③』雑誌 45975―63・1987年3月20日初版第1刷発行(194頁)
・1989年10月20日  第8刷発行 定価485円
PFC-564『ファンシイ ダンス④』雑誌 45975―64・1987年9月20日初版第1刷発行(195頁)
・1989年10月20日  第7刷発行 定価485円
PFC-565『ファンシイ ダンス⑤』雑誌 45975―65・1988年5月20日初版第1刷発行(207頁)
・1989年12月20日  第8刷発行 定価485円
PFC-566『ファンシイ ダンス⑥』雑誌 45975―66・1988年10月20日初版第1刷発行(193頁)
・1989年6月20日  第4刷発行 定価485円
PFC-567『ファンシイ ダンス⑦』雑誌 45975-67
ファンシイダンス 7 (プチフラワーコミックス)

ファンシイダンス 7 (プチフラワーコミックス)

  • 作者:岡野 玲子
  • 発売日: 1989/05/01
  • メディア: コミック
・1989年5月20日初版第1刷発行(195頁)
・1989年12月20日  第4刷発行 定価485円
PFC-568『ファンシイ ダンス⑧』雑誌 45975-68・1989年11月20日初版第1刷発行(192頁)
・1990年6月20日  第3刷発行 定価485円
PFC-569『ファンシイ ダンス⑨』雑誌 45975-69・1990年8月20日初版第1刷発行(195頁)定価485円
 巻数を丸数字で示すのは奥付による。定価は全てカバー裏表紙下部、左寄りに入っている雑誌コードと同じ列の右寄りに「◆定価500円(本体485円)」と入っている。
 全巻借りて見たのですけれども、最初の巻のコマ割りが細かく、絵も細かく、台詞も多い上に吹出しの外に手書きで細々と記入されたぼやき(?)も少なくなく、渡辺謙ならずとも「小さすぎて読めな〜い!」。*3

 読むのに時間が掛かる上に、やはり感覚の違いと云うか、何となく、現在放映中の朝の連続テレビ小説の作者と同じものを感じてしまうのです。もちろん、朝ドラ史上最低の呼び声高い「半分、青い。」と本作を並べて論じたら怒り出す人がいるかも知れませんが、①や②に描写される昭和60年(1985)頃の東京のお洒落な大学生活の、何とも気取っているところが、何だか通じているように思えたのです。気のせいかも知れませんが。
 寺に入る頃にはコマも絵も文字も大きくなって、話も面白がって見た映画と重なって来るはずですから、そこまで頑張ろうと思ったのですが、他のことにかまけてそこまで読み進められませんでした。後日の課題としましょう。
小学館文庫
ファンシィダンス (1) (小学館文庫)

ファンシィダンス (1) (小学館文庫)

ファンシィダンス (2) (小学館文庫)

ファンシィダンス (2) (小学館文庫)

ファンシィダンス (3) (小学館文庫)

ファンシィダンス (3) (小学館文庫)

ファンシィダンス (4) (小学館文庫)

ファンシィダンス (4) (小学館文庫)

ファンシィダンス (5) (小学館文庫)

ファンシィダンス (5) (小学館文庫)

 単行本でも字が小さくて往生したのに、文庫版なんて絶対無理です。(以下続稿)

*1:2019年5月10日追記】最初の概要を述べたところにも「(映画は原作とタイトルの表記に違いがある。後述)」とある。【2021年1月1日追記Wikipedia 当該項の「なお、原作は「ファンシダンス」であるが、映画版のタイトルは「ファンシダンス」と「イ」の文字が捨て仮名ではなくなっている。」との一文を削除し、概要の箇所を修正した。

*2:①196頁、③194頁⑨191頁も巻数以外同じ。②210頁は「「ファンシイ ダンス」第2集――――」。④195頁「「ファンシイ ダンス」第4集――完――」⑤205頁⑥192頁⑦195頁も巻数以外同じ。⑧183頁「「ファンシイダンス」第8集――完――」。以上4パターンある。

*3:2019年5月10日追記】ここに貼付して置いた渡辺謙菊川怜出演のハズキルーペのCM(公式)は削除されてしまったようだ。